は じ っ こ 料 理 帖

松本市のはじっこから、当圃場で収穫した野菜を使った調理を紹介します

カテゴリ:保存食

夏に収穫した金糸瓜でお味噌汁を作りました。金糸瓜は以前の記事に書いた通り、輪切りにして、お湯で固めにさっとゆでておきます。糸状に切った大根とおだしで煮て、最後に金糸瓜を入れて、味噌を溶きます。金糸瓜は本当に保存に向いています。シャキシャキとした食感がまた ...

ねぎ味噌を作りました。自家製葱と自家製味噌を使って。鍋で気長に練り上げてすりごまを入れるねぎ味噌。舌触りの滑らかなねぎ味噌になりました。一度作ると万能調味料。ふろふき大根はもちろん、焼きおにぎりなどにも。 ...

中嶋農産の野菜を買ってくださっている、松本市内の某有名蕎麦店の女将に、沢庵を納めたのですが、昔ながらの漬け方なのでかなり辛塩なので、女将は粕漬けにしてみたそうです。これが美味しい!数本もらってきて切ったのが↑。 ...

イチゴジャムを作りました。今回の条件は、1.イチゴと砂糖しか入れない(レモンやクエン酸は入れない)2.甘くし過ぎない(食べる方がはちみつで調節するから)3.プレザーブスタイルにすること(煮詰め過ぎない)当圃場の完全無農薬・無施肥のイチゴと、洗双糖だけで煮る、と ...

どうも味噌汁じゃないって気分の日、ありませんか。お年寄りやお子さんにも多いと思います。そんな時は味噌汁を濾してすまし汁にします。料亭の味に変化するから不思議です。冬瓜は夏野菜ですが保存がききます。冬瓜を別に茹でます。冬瓜にはすまし汁が向いている気がする。 ...

茄子で甘酢漬け作りました。塩を振って、水が上がるまで石をします。みょうばんは使わないので変色します。砂糖、酢と混ぜ、密閉容器に入れます。冷凍庫で保存できるそうです。今回少し塩が強かったのか、我が家の酢は富士酢なのですが、富士酢は醸造期間が長い良いお酢なの ...

小茄子の辛子漬けをつくりました。粕や麹を使わない、しょうゆと辛子だけの辛子漬けです。小茄子 3kg  塩 100g 醤油 200cc 市販のからし粉 50g 酒 50ccです。①茄子を8ミリくらいの厚さに切って、塩をまぶしよく水を絞ります。②酒と辛子粉を混 ...

甘なんばん大量消費のため、佃煮を作りました。たっぷりのごま油を熱し、1㎝くらいに刻んだ甘なんばんを入れ、ざっと油を絡めていきます。そしてたっぷりの酒を回しいれ、炒め、醤油を加えて炒めていきます。好みで砂糖を少し加えてもいいかと思います。煮汁が少なくなって ...

ラー油を作っています。教えてもらったやり方なのですが、単にごま油(いいやつ)にさっとあらった鷹の爪(自家製)を漬けるだけ。聞いたところによると、中国ではほかに余計なものをいれないらしいです。本当かどうか知らないけど、シンプルな方が素材が良ければ美味しい気 ...

切り干し大根。自家製なので、かなり厚切りで輪切りです。切り干し大根に使った大根は苦味があって、それがいい味になっているな、と思いました。酸味にうまく変わっているのかな?水で戻すとだしがすごく出ます。もちろん、戻した水を全量つかって煮ます。  ...

去年、当圃場で収穫した大豆で作った味噌です↓蔵に保管して、少しづつ持ってきて食べています。まだ我が家以外では1人にしか使ってもらっていないけど、なかなか好評です。以前も作ったけど、今回の味噌はなかなか上手にできていると思う。私はもともと、味噌は甘口が好き ...

↑このページのトップヘ