は じ っ こ 料 理 帖

松本市のはじっこから、当圃場で収穫した野菜を使った調理を紹介します

カテゴリ:なす

素揚げしておいた長岡巾着茄子と、両面焼き色を付けたむね肉を炒め煮しました。子供も好きな一品かな、と思います。こうすると結構な量の茄子が食べられます。巾着茄子10個以上はいけます! ...

①加熱した多めの油に、にんにくのスライスを入れて香りを出したら、 スライスした茄子に油が回るように炒めて、 フレッシュトマトを加えて煮詰めます。②耐熱皿に入れた固めに茹でたペンネの上から ①のトマトソースをかけ、シュレッドチーズをたっぷりかけて トースタ ...

茄子を薄切りにして、多めの油で揚げ焼きにしておいて、最後に薄いそぎ切りにしたちくわを加えて、生姜醤油でさっと合わせるように炒めて出来上がりです。 ...

当圃場の野菜を一番買ってくださる蕎麦屋の女将に教わった食べ方。やっぱり女将、一番おいしい食べ方を見つけてくれます。巾着茄子は縦半分に切り、大きいまま油で炒めます。大きめの鍋を使ってゆすって焦げないように炒めます。たっぷりの酒、醤油(お好みで少し砂糖を加え ...

京の料理。やはりにしんが大好きな私には京都の味が染みているんだろう。今回はソフトタイプの身欠きにしんを使いました。本当は本乾の方が美味しい。身欠きにしんはさっと熱湯をかけておくと臭みが抜けます。あと、余分な油も。先に、一口大に切ったにしんを鍋に加えて、水 ...

茄子を大量消費のため、鶏ひき肉とそぼろを作りました。茄子は薄切りまたは角切りにし、鍋に油を熱し、茄子を入れ、酒を入れたらフタをして、柔らかくなるまで火を通します。たまにかき混ぜて。別に炒めておいた鶏ひき肉を加え、砂糖と醤油、味噌で味付けをします。炊き上が ...

鰹だしと鰹節と醤油、酒で煮ます。茄子は水から煮ると煮汁が青くなってしまうので、沸騰しただしの中に入れます。冷やしてそうめんと一緒に食べるのもお勧め。冷やすと暑くて夏バテしていても、ぺろりと食べられるから不思議。 ...

まだまだピーマンと茄子がとれます。一塩真鱈(アメリカ産)と甘酢炒めにしました。真鱈は一口大に切って、酒と醤油に浸して、小麦粉をまぶし油で揚げます。茄子とピーマンも油で揚げて、真鱈と合わせたら、作っておいた酢豚のたれを加えてざっと火を通すだけです。家で使っ ...

茄子で甘酢漬け作りました。塩を振って、水が上がるまで石をします。みょうばんは使わないので変色します。砂糖、酢と混ぜ、密閉容器に入れます。冷凍庫で保存できるそうです。今回少し塩が強かったのか、我が家の酢は富士酢なのですが、富士酢は醸造期間が長い良いお酢なの ...

小茄子の辛子漬けをつくりました。粕や麹を使わない、しょうゆと辛子だけの辛子漬けです。小茄子 3kg  塩 100g 醤油 200cc 市販のからし粉 50g 酒 50ccです。①茄子を8ミリくらいの厚さに切って、塩をまぶしよく水を絞ります。②酒と辛子粉を混 ...

なすをたっぷりの油と酒で炒め、お気に入りの麺つゆで煮ふくめる超かんたん料理。 ...

なすのアクを抜きますフレッシュ・トマトでミートソースを作ります。お肉を使いたくない人は、かじきの切り身を刻んだのをひき肉代わりにするのも勧めです。フライパンに油を引き、茄子を両面ソテーします。グラタン用のお皿にミートソース→茄子→ミートソース→茄子の順に ...

茄子大量消費のため(こればっか)、麻婆茄子を茄子10個で作りました。コーンスターチをまぶした茄子↓を油で揚げて、食べる直前に、上から、別に作ったあんかけをかける麻婆茄子です。コーンスターチは素揚げでもすごく美味しいです↓この「さくっ」とした食感を消さない ...

↑このページのトップヘ