は じ っ こ 料 理 帖

松本市のはじっこから、当圃場で収穫した野菜を使った調理を紹介します

2013年10月

畑の壬生菜と長ネギと、買ってきた兵庫産のかちり干しで焼き飯を作りました。壬生菜は京都の野菜。水菜の仲間なのだとか。毎度のパターンなので、記事にはしませんが京都人は「油揚げとお菜の炊いたん」が無類に好きなので、やっぱり壬生菜も油揚げと合わせるのが好きです。 ...

開き干したらが安くで手に入ったので、かぶとクリームシチューにしました 。開きたらはロシア産。といっても、放射能廃棄物の汚染が気になる、オホーツク海産かな?と思うので、あんまり安心ではないです。開きたらは一晩水に漬けて塩を抜いておきます。干しだらが大好きなの ...

まだまだピーマンと茄子がとれます。一塩真鱈(アメリカ産)と甘酢炒めにしました。真鱈は一口大に切って、酒と醤油に浸して、小麦粉をまぶし油で揚げます。茄子とピーマンも油で揚げて、真鱈と合わせたら、作っておいた酢豚のたれを加えてざっと火を通すだけです。家で使っ ...

めかじき(台湾産・解凍)を使って炒め物を作りました。めかじきは細く切って、塩をし、小麦粉をまぶして両面をフライパンで焼きつけます。一旦フライパンから取出し、しずむらさきを炒め、まためかじきを戻します。その後、醤油と塩で調味します。 ...

今年は大根がとてもいいです。柔らかくてジューシー。こんな大根ができるとは。 ...

畑の長葱と人参を使って、豆腐の炒り煮を作りました。なんかちくわが多いなー。なんせ安心な加工食品は、なかなか調達できないため、材料が偏っております。 ...

じゃがいもと塩鮭(チリ産)でコロッケを作りました。マッシュポテトを作り、焼いた塩鮭をほぐしたものを混ぜ、マヨネーズ(松田マヨネーズ・甘口)を少し加えただけでできる簡単コロッケです。松田マヨネーズは本当は辛口の方が美味しいのですが、娘が甘口が好きなので。。 ...

宿儺カボチャで娘の好きなグラタンを作りました。材料はかぼちゃとちくわ(日本海産魚肉使用)と、卵(有明山有精卵)とヨーグルト(八ヶ岳産)、自家製ケチャップ(直也君作成)、ピザ用チーズ(ドイツ産)です。↓まずバター(四つ葉バター)で、スライスしたカボチャを焼 ...

真っ白なかぶができまして、葉っぱまで生で食べられる美味しさ。なので、かぶは熱い出汁から入れて、火を通しすぎないようにします。油揚げがよく合います。味噌も自家製です。朱の器は母が塗ったもの。 ...

このサラダはスペイン料理の本に載っていたもの。畑からの人参が主役のサラダです。人参は細く千切りにして、軽く塩を振りしんなりさせます。が、あんまりウチの人参はしんなりしなくてしゃきしゃき。鮮度のせいでしょうか?畑から採ってきて直に洗って刻みました。塩は、↓ ...

葱がもう少しで採っていい時期らしいです。おかずがちょっと足りないな、と思うときは薄焼きを作ることが多いです。葱を刻んで、小麦粉とだしと塩を混ぜ、桜海老(瀬戸内海産)とあごちくわ(島根産魚肉使用)を加えてフライパンで焼きます。粉は少なめがカリッとして美味し ...

里芋のにっころがしを作りました。今回は里芋の皮を、包丁の背でこそげ取る、というやり方にチャレンジしてみました。こうすると手はかゆくならないし、皮の周りの栄養価の高いところも捨てずに済みます。ただし、かなり時間かかります↓でも時間をかけるだけの美味しさがあ ...

ピーマンと二十日大根をたっぷりのごま油(白)と酒と醤油で炒めます。二十日大根の酸味がとってもおいしいです。私がピーマンを炒めるのは本当に荒っぽいです。煙が出るほど油を熱した片手鍋に半分に切ったピーマンを入れ、酒を投入。すごい音がしますが、油が飛び跳ねない ...

宿儺(すくな)なかぼちゃでカボチャのサラダを作りました。宿儺カボチャは、丹生川村の自家用野菜として栽培されていたらしい品種です。食べてみると甘くてほくほくしています。カボチャを荒くマッシュして、茹でた人参の千切りを加え、マヨネーズ(松田マヨネーズ甘口使用 ...

最近はまっているジャガイモの食べ方。皮をむきにくい小芋も沢山消費できてうれしいです。①皮をむかずに芽を取り、(じゃが芋が大きければ一口大の大きさに切って)、茹でます。②フライパンに油を熱し、刻んだニンニクを炒めます。③ジャガイモをつぶしながら炒め、少し焦 ...

今年の夏はピーマンがよく採れたので(今も採れます)ピーマンの肉詰めかチンジャオロースを作って食べています。お肉は牛ではなく鶏肉が好み。筍でやってみたり、畑の人参にしてみたり。とろみをつけるのは片栗粉(遺伝子組み換えでない)でもいいのですが、父の奈良土産の ...

↑このページのトップヘ