は じ っ こ 料 理 帖

松本市のはじっこから、当圃場で収穫した野菜を使った調理を紹介します

2012年11月

ねずみ大根。ねずみ大根はねずみの形に似ているとかではなく、根が詰まっているいるから「ねつみ」なのだそうです。当圃場の今年のねずみ大根、びっくりするほど甘くてからい。最初甘くて、後から辛さが来ます。※おろし金はおろし面が湾曲した「スピーディー」を愛用最近教 ...

三浦大根で糠漬けを作りました。大根が水分が少なくて目が細かいので、普通よりも漬かるまで時間がかかるような。その分、水は出ない方かもしれません。 ...

今年はターツァイも上手にできました。濃くて甘い味です。頂いた松本産の落花生と、もやしと一緒に炒めてみました。 ...

夏採れた糸瓜。大根葉と一緒に炒めました。※糸瓜の下ごしらえ※糸瓜を5センチくらいの輪切りにし、熱湯が湧いたら入れて茹でます。茹でても5分くらい。固めにゆでた方が使いやすく美味しいです。ビーフンみたいに炒めたり、酢の物にしたり、春雨みたいにサラダにいれたり ...

紅心大根の酢の物とれたてはやはり生でも美味しい。この大根を差し上げた方は白いカブと紅白にして酢の物にしておられました。赤い汁が出て、白いカブに色が移りますので、食卓に並べる前に一緒に盛るのがいいかと思います。  ...

玄米 ウチで玄米を食べる時は圧力鍋を使います。玄米食の人から圧力鍋がいいと教わって、出来るだけ大きな容量のものがいいということと、ドイツ製のステンレスのものがいいのではないか、ということで、フィスラー社を勧められましたが、結局、WMF社の6リットルを購入 ...

白米の場合。今年のお米は去年よりも私は美味しいと思うのだけど、粒が小さい。そこで最近頂いたのは、米上げザル。普通のザルだとこぼれ落ちてしまっても、このザルだと落ち難くていいです。ザルに上げるのは、たとえそれが10分でも、味が違うからびっくりします。玄米で ...

(大根葉も水に漬けて蘇生させてから調理します)大根がとれたら、大根葉をどう食べるかってことはかなり問題なんではないだろうか。硬いとか、とげが嫌だとか、敬遠されがちで、なかなか消費するのに工夫がいる。お味噌汁に入れても子供が喜ばない、とかありますが、この場 ...

有難いことに、今年のほうれんそうも上出来でした。私は葉物の中でほうれんそうが1番好きで、子供の頃は、ほうれんそうのおしたしで白米を巻いて食べるのがこの世で1番美味しい食べ物だと思っていたくらいです。ほうれんそうのおしたしなんて基本中の基本だと思うから、書 ...

今年は秋収穫の「かぶ」が大変に美味しい。葉っぱまでもが生で美味しく食べられるなんて、今まで期待もしませんでしたが。お味噌汁の具にもしますが、生で美味しいものは、できるだけ生食にできると嬉しい。<かぶの葉のサラダ>葉っぱは洗って切り、タッパに入れて油少々を ...

もうこの時期になると、夏採れたカボチャは味が薄くなる。愛読の京都の料理本に書いてあったけど、昔は夏採ったカボチャを、冬至まで台所の天井につるしておいて食べたんだとか。子供心にはおいしくないけれど、「これを食べたらお正月が来る」と思って食べたものだ、という ...

去年、当圃場で収穫した大豆で作った味噌です↓蔵に保管して、少しづつ持ってきて食べています。まだ我が家以外では1人にしか使ってもらっていないけど、なかなか好評です。以前も作ったけど、今回の味噌はなかなか上手にできていると思う。私はもともと、味噌は甘口が好き ...

↑このページのトップヘ